診療科目
脊椎・脊髄専門外来
診療科案内

アメリカでは脳脊髄疾患は脳神経外科医が扱いますが、谷先生は日本において顕微鏡を用いた低侵襲、脊髄手術をいち早く取り入れた先生です。さらに新たな手技や機器を開発 し、内外に発表した実績を認められ、2016年の日本脊髄外科学会では会長を務めます。今後、府中恵仁会病院では専門外来の他、手術のため招聘することが可能となりました。

対応症状

手足のしびれ、痛み、筋力低下や麻痺、肩こりや腰痛など

対応疾患

頚椎椎間板ヘルニア、変形性頚椎症、脊髄空洞症、後縦靭帯骨化症
腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症など

著書(医学論文は他に多数あります)
スタッフ紹介
谷 諭
【たに さとし】
(非常勤)
昭和54年 東京慈恵会医科大学卒業、脳神経外科 入局
昭和59年 Loma Linda大学(California,USA) 脳神経外科
平成12年 東京慈恵会医科大学 脳神経外科 准教授
平成17年 東京慈恵会医科大学 中央手術部 部長
平成20年 東京慈恵会医科大学 脳神経外科 教授

日本脳神経外科学会認定専門医
日本脊髄外科学会認定指導医
  • 外来診療担当医表
  • このページのトップへ