診療科目
内視鏡科
スタッフよりひとこと

がんなどの早期発見、治療のために
内視鏡検査といえば怖い、苦しそうといったイメージが強いかもしれません。
しかし、当院ではなるべく楽に内視鏡検査・治療ができるように努力をしています。
早期発見・早期治療を行うことができればがんも怖くありません。
そのために内視鏡 検査を積極的に受けていただきたいと思います。

診療科案内

内視鏡科は主に消化器専門の医師で構成されており、上・下部消化管内視鏡だけでなく
気管支鏡検査などを組み合わせ年間約4000件の内視鏡検査を行っています。
近年、内視鏡を用いた治療手技が普及し、ポリープやがんなどの治療も可能になってきました。
内視鏡検査が早期診断・早期治療のため大変重要な検査となっています。

単なる検査だけでなく、内視鏡と専用の特殊な道具を駆使して内視鏡的ポリープ切除術、粘膜切除術及び
粘膜下層剥離術(ESD)などの治療も行っており、開腹手術での切除よりも治療後の身体的負担が大幅に軽減される
ようになりました。


内視鏡検査では消化管の疾患だけでなく膵臓・胆道系の疾患の検索・治療も可能で す。
胆管結石を摘出する内視鏡的乳頭部切開術や胆管及び膵臓がんなどで生じる閉塞性黄疸に対する
胆管内ステント挿入術なども行っています。その他、消化管出血に対する緊急内視鏡止血術や胃ろう造設術など
多岐の疾患に渡り幅広く治療を行っていま す。なお、検査時には鼻からの内視鏡や鎮静剤などを使用し、
皆様の苦痛を最小限に抑 えられるよう努力しています。

スタッフ紹介
内 科
菅野 朝 【すがの】
(消化器病センター長)
平成10年 杏林大学医学部卒
平成16年 杏林大学 大学院医学研究科修了
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会認定肝臓専門医
H. pylori感染症認定医
日本消化管学会胃腸科認定医
外 科
茂内 康友 【しげない】
(消化器がんセンター長
   /地域連携室次長)
平成15年 獨協医科大学医学部医学科卒
日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡専門医
正田 聡(非常勤)
平成1年 東京医科大学医学部卒
平成5年 同 大学院卒
日本外科学会認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化管学会専門医
H. pylori感染症認定医
医学博士
  • 外来診療担当医表
  • このページのトップへ