診療科目
循環器科
スタッフよりひとこと

虚血性心疾患、心血管病などの診断と治療
心血管疾患の症状としては、典型的な胸痛などの症状ではなく、動悸・労作時呼吸困難・
息切れ・易疲労感などの非典型的な症状や無症候性のこともあります。
また、めまいや運動能力の低下の原因が動脈硬化であり、治療により治癒できることもあります。

何か、いつもとは違う?年齢的変化かな?など、疑問に思われることがございましたら、
当院心臓血管病センターを受診して下さい。

診療科案内

循環器内科では狭心症や心筋梗塞に代表される虚血性心疾患や不正脈、高血圧、
心不全などの心血管病の診断と治療を行っております。
必要に応じて心臓電気生理学検査や心臓超音波検査、負荷心電図やホルダー心電図、心臓CTなどの専門性の
高い検査を行い、迅速な診断を心がけています。

スタッフは心臓血管カテーテル治療や埋め込み型除細動器挿入、ペースメーカーを用いた不整脈治療などを
専門にしており、高度な診療が可能です。

また、心臓以外にも放射線科とともに閉塞性動脈硬化症に対する経皮的血管形成術やステント挿入、
深部静脈血栓症や肺栓塞症の治療なども行っています。

↓循環器専門医研修施設に認定されました↓

当院は、平成22年4月1日付けで、社団法人日本循環器学会『循環器専門医研修施設』として認定されました。
循環器内科では狭心症・心筋梗塞・不正脈・心不全などの心血管病や、これらの病気の原因や増悪因子となる高血圧などの
診断と治療を行っております。2009年より心臓カテーテル検査室も稼働し、経験豊かな医師による迅速な医療が可能となりました。
今後も常に患者さんのご期待にお応えできるようさらに充実した診療体制を整えてまいります。

 
スタッフ紹介
宇井 進
(院長)
昭和55年 慶応義塾大学医学部卒
日本内科学会内科認定医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会指導医
FJCC日本心臓病学会特別会員
植え込み型除細動器挿入術指定医
ペーシングによる心不全治療指定医
医学博士
上林 拓男
(副院長)
平成16年 東邦大学医学部医学科卒
日本内科学会内科認定医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修履修
久保 佳史
(ハートセンター長)
平成12年 杏林大学医学部卒
日本内科学会内科認定医
日本循環器学会専門医
小林 泉 平成2年 横浜市立大学医学部卒
日本内科学会内科認定医
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本高血圧学会指導医
心臓機能障害に関する身体障害認定資格
医学博士
  • 外来診療担当医表
  • このページのトップへ