平成28年度 府中恵仁会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 6 35 64 76 189 278 435 805 910 353
地域医療支援病院として、在宅医療を行っている医療機関や介護福祉施設等からの救急受診依頼も多いこともあり、70歳以上の症例数が多くなっています。2次救急医療機関としても、年間5000台以上の救急車搬送患者を受け入れております。今後も、地域医療・救急医療に貢献できるよう努めて参ります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 128 3.94 4.71 0.00 69.52
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 59 27.46 21.25 23.73 85.93
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 58 2.74 3.06 0.00 70.84
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 53 27.68 16.54 33.96 71.62
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 51 17.25 12.43 9.80 79.67
内科は、肺炎や尿路感染症の一般的疾患から、狭心症、脳卒中の重症症例まで幅広く対応しています。脳卒中や消化器疾患で手術が必要な症例については、外科系診療科と連携し対応しています。
最も多い症例数の虚血性心疾患は、全身麻酔や胸部を切らないカテーテル治療の予約入院が多いですが、救急搬送後に早急な手術が必要な症例についても24時間体制で対応しています。
2番目に多い症例は、誤嚥性肺炎です。肺炎の治療に加え、誤嚥防止の機能訓練等リハビリを行い改善に取組んでいます。
3番目は、最も多い症例と同じ虚血性心疾患ですが、こちらは治療が必要な病態かを調べるための検査目的入院です。4番目に多い疾患は、脳梗塞です。主には救急車搬送による緊急入院が多いです。
脳梗塞は、急性期の薬剤治療と、状態に合わせた理学療法士・作業療法士・言語聴覚士によるリハビリを行っています。急性期治療後もリハビリが必要な場合は、回復期リハビリテーション病院へ転院調整を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 7.09 7.61 0.00 61.87
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 9.31 9.08 0.00 72.75
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 19.73 15.92 0.00 69.00
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 11 6.09 5.50 0.00 66.73
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 10 6.90 6.82 0.00 58.90
外科は、良性・悪性の腹部疾患に対して手術を中心とした治療の実践を特色としています。また、高齢者の患者さんに対しても、全身状態を考慮した治療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 183 39.69 27.63 38.80 83.44
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 49 18.98 20.57 34.69 81.80
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 43 3.28 5.49 0.00 59.63
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 副傷病なし 24 9.46 9.86 4.17 52.67
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 21 6.43 5.33 9.52 47.57
整形外科は、大腿骨頚部が最も多く、次いで脊椎の圧迫骨折・外傷による四肢骨の骨折が多い症例となっています。手術が必要な症例についても、自宅退院に向け手術前から積極的にリハビリを行っています。急性期治療終了後、状態に合わせ回復期リハビリテーション病院への転院を調整しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 64 10.97 7.52 4.69 67.39
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 10.57 9.87 13.21 76.04
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 25.52 19.35 50.00 68.91
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 30 2.23 3.25 3.33 72.50
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 22 2.05 3.20 0.00 66.18
脳神経外科では、外傷と脳卒中の患者さんが多く入院しています。外傷では整形外科、一般外科などの診療科とも連係して総合的に対応しています。
脳卒中では、脳梗塞には血栓を溶かせる可能性があるt-PA治療(経静脈的血栓溶解療法)を行うの他、カテーテルによる血栓除去術、ステント留置術もおこなっています。
脳梗塞、脳出血は、急性期の薬剤治療と、状態に合わせた理学療法士・作業療法士・言語聴覚士によるリハビリを行っています。急性期治療後もリハビリが必要な場合は、回復期リハビリテーション病院へ転院調整を行っています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx97xxxx 子宮の良性腫瘍 その他の手術あり 19 5.00 5.00 0.00 43.42
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 8 1 5 3 1 3 1 6.7
大腸癌 9 10 19 13 6 20 1 6.7
乳癌 0 0 1 0 0 0 1 7
肺癌 0 0 0 0 1 0 1 7
肝癌 0 1 1 0 1 2 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、主に胃、大腸の消化器系癌に対して、手術・化学療法を行っています。
手術は癌根治術を目指し、個々の患者さんの状態にあわせ総合的に高齢者に対しても、可能な限り体への負担が少ない治療をおこなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 2 11.50 30.00
中等症 82 17.82 79.91
重症 32 31.38 85.69
超重症 21 34.05 84.95
不明 0 0.00 0.00
肺炎での入院は、患者さんの年齢に比例して重症度が高くなっていて、重症度が高い程、入院期間も長くなる傾向があります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 26 8.38 73.73 0.00
その他 3 5.33 81.33 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 1 29.00 85.00 100.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 225 32.88 75.66 31.66
その他 34 28.38 76.29 4.25
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 5 4.00 74.80 2.50
その他 35 4.97 74.51 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 2 6.50 88.50 0.00
その他 7 5.43 68.71 11.11
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 1 2.00 49.00 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
当院では、3日以内に発症した脳梗塞での入院が最も多くなっています。脳梗塞が発症後して4、5時間以内であれば、脳梗塞の原因となった血栓を溶かせる可能性があるt-PA治療(経静脈的血栓溶解療法)を行う体制を24時間整備しています。
脳梗塞は、急性期の薬剤治療と、状態に合わせた理学療法士・作業療法士・言語聴覚士によるリハビリを行っています。急性期治療後もリハビリが必要な場合は、回復期リハビリテーション病院へ転院調整を行っています。
一過性脳虚血発作につきましては、再発及び脳梗塞発症予防のため原因検索を行っています。
また、頸動脈に狭窄が認められた場合は、血管の状態精査のために検査入院を行っています。血管が細くなり血栓が形成されると、血栓がはがれて脳に飛び、脳梗塞を引き起こす原因になります。検査の結果、手術適応の場合は、脳神経外科にて血管を広げるステント留置術なのど血管内治療を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 124 1.69 2.92 0.00 70.80
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 70 1.17 2.77 0.00 66.47
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 63 1.21 4.27 0.00 77.25
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 25 4.44 17.32 8.00 80.88
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 21 0.05 16.00 4.76 67.52
内科での手術は、全身麻酔や胸部を切らないカテーテルや内視鏡治療を行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 62 1.34 2.87 1.61 68.97
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 37 2.92 4.19 0.00 61.68
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 35 0.46 1.31 0.00 66.69
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 17 5.12 19.82 11.76 73.24
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 14 8.36 22.57 7.14 70.07
外科で最も多い手術症例は、鼠径ヘルニア手術です。
また、良性・悪性の腹部疾患に対して手術を中心とした治療の実践を特色としています。また、高齢者の患者さんに対しても、全身状態を考慮した治療を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 161 6.54 29.62 32.30 80.21
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 69 6.93 28.87 39.13 84.43
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 67 3.12 9.57 1.49 63.04
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 30 0.77 1.30 0.00 48.63
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 21 2.38 8.76 0.00 50.81
大腿骨頚部骨折の手術は、骨を金属などで固定する骨折観血的手術と折れている骨(骨頭)を人工物と置き換える人工骨頭挿入術を患者さんの年齢や全身の
状態を考えおこなっています。
自宅退院に向け手術前から積極的にリハビリを行っています。急性期治療終了後、状態に合わせ回復期リハビリテーション病院への転院を調整しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 36 1.50 10.22 13.89 79.67
K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術 18 5.06 36.67 77.78 72.61
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 16 2.94 6.75 0.00 75.50
K1742 水頭症手術(シャント手術) 14 6.36 22.00 21.43 80.71
K1781 脳血管内手術(1箇所) 10 3.90 20.30 30.00 64.30
脳神経外科で最も多い手術症例は、慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術です。
また、脳出血、くも膜下出血、脳動脈瘤、脳動脈狭窄に対して、内視鏡やカテーテルを使用した手術をおこなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.10
異なる 3 0.10
180010 敗血症 同一 0 0.00
異なる 2 0.06
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 5 0.16
異なる 0 0.00
更新履歴